各診療内容のご案内をします
受診するにあたって
動物が安心して来院できるように、よく慣れた方がお連れ下さい。 また、動物たちは自分で症状を説明できませんので、飼い主様からの問診が非常に大切になります。 よく症状を把握している方とご来院ください。

日頃はおとなしい動物でも、病院での慣れない環境の為に興奮したり、神経質になることがあり、 事故を未然に防ぐためにも、犬はしっかりとしたリードをつけて、猫はしっかりとしたカゴやキャリー、 特に怖がりの場合は網のネット(洗濯ネット等)に入れてきてください。 動物の性格によっては検査や治療に制限がでる場合があります。


■お支払いについて
アイペット、アニコムの保険に対応しています。
クレジットカードもご利用いただけます。

ポイントシステムについて
当院の診察券はポイントカードを兼ねています。
ポイントの対象となるのは、処方食等のフード、シャンプー、サプリメント、ノミの予防薬、フィラリアの予防薬、混合ワクチンで、現金でのお支払い金額に対して2〜5%(お支払い100円ごとに2〜5ポイント)のポイントが加算されます。

このポイントは次回以降の病院内でのすべてのお支払に1ポイントを1円として、ご使用になれます。

※診察券をお持ちでない場合は、ポイントのご利用はできません。
診察券の再発行には費用(147円)をいただきます。
診察、手術、医薬品等の販売、狂犬病ワクチン等には、ポイントは発生しません(使用はできます)。
ポイントの対象、ポイントの割合は変更する場合があります。
第三者へポイントを譲渡することはできません。

ご不明の点がございましたらスタッフにお尋ねください。
主な検査項目
■問診
言葉を話せない患者さんに変わって飼い主様からお伺いします。
些細なことでもお話し下さい。


■身体検査
体重と体温の測定、視診、触診、聴診を行います。
この検査により動物の状態をチェックし、更なる検査や治療を行います。


■血液検査
貧血や炎症の有無、肝臓、腎臓、血糖値、コレステロールなどを調べることができます。
また、院内では測定できない検査項目(各種ホルモン等)は外部検査センターに依頼して行っています。


■レントゲン検査
骨や関節、内臓の状態をチェックできます。
デジタルレントゲン装置を導入しており、検査時間の短縮と、より理解しやすい説明を行っています。
各種造影剤をもちいての検査も行っています。

■超音波検査
レントゲンでは分かりにくい内臓の内部や、心臓の検査を行えます。
検査部位によっては、お預かりしての検査になる場合があります。


■尿検査
泌尿器(腎臓、膀胱、前立腺)の状態を調べます。糖尿病のチェックもできます。
尿に異常が感じられる時は出来る限り尿をご持参下さい。


■糞便検査
寄生虫の有無や腸内の細菌の状態をみます。
下痢等で便に異常がある時はご持参下さい。
ワクチン時には無料で検査を行っています。受付時にお渡し下さい。


■専門医のご紹介
より専門的な検査、治療が必要な場合には各専門の病院へのご紹介もしています。

トップ診療時間・アクセス病院・スタッフ紹介診療内容紹介Q&Aリンク